*

電子ビーム溶接 旭金属株式会社

トップページ 加工機 原理 特徴 会社概要 お問い合せ
トップページ > 特徴 > 高品質
高 品 質
高エネルギー密度 高品質 高速偏向 非接触加工 真空加工 まとめ 1.ビーム分割で数箇所を同時溶接したり、変形の少ない低入熱溶接ができ、高品位の
  精密組立溶接ができます。 (機械部品や薄板)

電子ビーム溶接

電子ビームの溶接歪みは、アーク溶接の10分の1から20分の1になります。

<薄板の低歪み溶接
薄板の低歪み溶接
薄板鋼板(0.1mmt)の突き合わせ溶接をした例です。
2.微細加工に適しています。
  マイクロ接合(センサーやダイヤフラム部品の溶接)
  ヘリ溶接(0.07t) 重ね溶接(0.03t) 突合せ溶接(0.05t)
<銅ダイヤフラムのヘリ溶接>
銅ダイヤフラムのヘリ溶接
3.予熱・後熱や前後ビームオシレーションで割れ・スパッタ・ブローホール対策は万全です。
4.電気的にコントロールできるので、厚板から超薄板まで品質のバラツキがなく安定しています。
5.NC制御で複雑な溶接線を倣うことができ、正確な再現が可能です。
6.体積や熱容量の異なる部品同士の溶接が可能です。(厚板+薄板)
7.溶接部の結晶粒が小さく機械的性質が優れ,溶接部の切削が可能です。
このページのトップへ戻る
トップページ 加工機 原理 特徴 会社概要 お問い合せ
旭金属株式会社 エレクトロンビーム事業部
COPYRIGHTS (C) 2005 ASAHI-KINZOKU. ALL RIGHTS RESERVED.